読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takachan's blog

地方のエンジニアが、まずやってみる(Bias For Action)!!をモットーに気持ちを綴るブログです。

Snapshotリージョン間コピー「Copying an Amazon EBS」を使ってみた!

"AWS Advent Calendar2012"の19日担当のニイヌマです。

今回は、12/18にUpdateされたEBSの「Copying an Amazon EBS」をManagement ConsoleとCommand Line Toolsからそれぞれ試してみます。

 f:id:twinuma:20121219015754p:plain


 簡潔に何がUpdateされたかまとめると、

  • EBSのスナップショットを別のリージョンにコピーができる
  • このアクションは、Management ConsoleとCommand Line Toolsで利用可能
  • スナップショットを別リージョンへコピーする際に、転送料がかかる

この「Copying an Amazon EBS」についての

AWSのWhat's Newはこちら

f:id:twinuma:20121218215741p:plain

 

AWSのDocumentationはこちら

 f:id:twinuma:20121218215910p:plain

 


 

早速、やってみましょう!まずは、Management Consoleから(。・ω・)ノ 

Management Console編

  1.  Management Consoleを開いてEC2サービスを選択
  2. ナビゲーションパネルの「ELASTIC BLOCK STORE」の下の「Snapshots」を開く
  3. コピーするスナップショットの上で右クリックし、「Copy Snapshot」をクリック
     f:id:twinuma:20121218223356p:plain
  4. このスナップショットをどこのリージョンにコピーするか選択する画面が表示される。ここでは「US east (N. Virginia)」を選択

    f:id:twinuma:20121218224005p:plain 

  5. 「Yes, Copy」をクリック

    f:id:twinuma:20121218234712p:plain

  6.  コピー先のUS east (N. Virginia)リージョンにコピーされていることを確認
    ※ここがスナップショットサイズとリージョン間にもよると思うが数分かかる

    f:id:twinuma:20121218235115p:plain 
     

    f:id:twinuma:20121219000343p:plain


次は、Command Line Toolsから(。・ω・)ノ 

Command Line Tools編

  1. ECインスタンスSSHログイン
  2. 以下のコマンドを入力

    f:id:twinuma:20121219010847p:plain

     ※ 対象のスナップショットIDとコピー先のリージョンを入力します。 
  3. 以下のコマンドで結果を確認

    f:id:twinuma:20121219011400p:plain

     
    おおぉ、個人的にはこちらの操作が簡単でした。
    いわゆる、黒い画面ってやつですよ。

まとめ

画面やコマンド一つで世界のどこでもリソースを瞬時に共有でき、耐障害性もぐっと向上する。素晴らしいUpdateでした!

AWSのWhat's Newその文章の中に、近いうちにPublic・カスタムAMIのリージョン間コピーを開始する予定だと書いてありました。これもリリースが楽しみですね!

 

ちなみ、これよりも分かりやすい記事はこちらでアップされてました|彡サッ

Amazon EBS Snapshotのリージョン間コピー機能リリース!